東京に行って目頭切開をしました

日帰りで行ける範囲で信頼できる美容整形クリニック

日帰りで行ける範囲で信頼できる美容整形クリニック | 目頭切開手術をしました | 然で大きな目になれて本当に満足

子供の頃から自分の小さな目に非常にコンプレックスを持っていました。
友達からは眠そうだね、大丈夫?と声をかけられることも多く、周囲からはいつも機嫌が悪い人というイメージを持たれていたのです。
それもこれも全て小さな目のせいなのは自分でわかっていました。
テレビで見る女優さんやアイドル歌手はみんな綺麗な二重で、どうして自分ばっかりこんな顔に生まれてきてしまったのかと親を恨んだこともあります。
高校生になってからはアイプチなどのアイテムを使って自分で二重のラインを作ったこともありました。
だけど上手にできなくて、不自然な目元になってしまいます。
たとえ不自然で小さな一重の目でいるよりは何倍も気持ちが前向きになれました。
ある時友達から「そんなに悩んでいるなら整形手術を受ければいいじゃない」と言われて、この時に本気で美容整形手術を検討するようになったのです。
自分の中で美容整形手術は人に知られてはいけない恥ずかしい行為だという気持ちがどこかにありました。
手術を受けるということは自分がブスだということを証明してるような気持ちになるからです。
今考えるととてもおかしな考え方だと思いますが、当時はネガティブモードだったからひねくれた考え方をしていたのかもしれません。
それからはインターネットなどでたくさん情報を収集しました。
また、人の印象を決める大切な目の手術ですから病院選びにもこだわりました。
日帰りで行ける範囲で信頼できるところということで、東京の美容整形クリニックを選んだのです。
やはり東京は施術件数が多いので、それだけ技術が磨かれているのかなと思ったからです。